ストレスからくる食欲を抑える方法!

「ストレスが原因で、つい食べ過ぎてしまう」

こんな悩みを持っている方は多いと思います。

肥満を気にしている人がストレスを感じると、
とくに過食に走りやすい傾向があるみたいです。

太っている人はストレスを感じやすい?

自分のことを「太っている」と思っている人は、
他人の視線や言動をネガティブに受け止めてしまう
ことが多いようです。

たとえば、洋服屋さんで大きな服のコーナーが
特設されてたりすると疎外感を覚えます。

こういったストレスを、食べることで発散するわけです。

6千人を対象に行われた「太りやすさの調査」でも、
「太っていることで差別された」と感じた人は
そうでない人に比べて、2.5倍も太る傾向にある
という結果が出たそうです。

食べている間は一時的に幸福感を得られます。

この体験が脳にポジティブな印象として残るので、
常習化するんでしょうね。

ストレスからくる食欲を抑える方法

ポテトチップスなどのスナック菓子は、
ストレスを発散できる食べ物の代表格です。

あのバリバリした食感や塩味がクセになります。

食べ過ぎなければ もちろん問題ありませんが、
クセになって毎日のように食べてしまうと
2~3キロは簡単に太るので注意が必要です。

そこで、変わりの食材としてオススメなのが
冷蔵庫で冷やした新鮮なレタスです。

これに塩をふってバリバリと食べれば、
ストレス発散にもなるしカロリーも少なしで
良いことずくめです。

ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す