サバ缶はなぜ痩せる?サバ缶にふくまれる痩せるホルモンとは

「サバ缶」がスーパーで品薄状態だそうです。

というのもあるテレビ番組で
「サバ缶には痩せるホルモンがふくまれているから、
 努力しなくても痩せられる」と紹介されたのが原因なんだとか。

前にも同じようにテレビで「朝バナナが痩せる!」
と誰かが言って、バナナが品薄になりました。

おんなじ現象ですね。

サバ缶はなぜ痩せる?

サバ缶ダイエットについて調べてみると、
「痩せる」と言うよりも「太りにくくなる」
とのことでした。

太りにくくするために重要な役目となるのが、
GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)という
消化管ホルモン。

「脂肪肝の改善や食欲をおさえる効果がある」
と言われています。

そして、このGLP-1の分泌を促進してくれるのが
DHAやEPAといった成分。

サバ缶にはこのDHAやEPAが多く含まれているので、
「サバ缶が良い!」と言われているのです。

太りにくい体をつくる「GLP-1」というホルモンを
分泌させるために、DHAやEPAが豊富なサバ缶を食べる。

こういうことですね。

サバ缶じゃなくても大丈夫

DHAやEPAが豊富なのはサバ缶だけじゃありません。

イワシやサバなどの脂質にも多く含まれています。
他にもサケの水煮缶や、中骨の缶詰などもそうです。

このことを知っておけば、サバ缶を必死に買いあさる
人たちを横目で見ながら、その日の気分で好きな食材を
食べることができますね。

だって、サバ缶ばかり毎日食べるわけにはいきませんから。

コメントを残す